元携帯業界人がこっそりと格安スマホを比較しました!2018

格安スマホ性能比較と人気ランキング2018
元スマホ販売員がこっそりとやってます。

格安携帯おすすめは一体どこのスマホなのだろう?

元通信や携帯電話業界人が、今話題の格安スマホ SIMフリー MVNOスマホを比較します。

日本の携帯料金設定は複雑でわかりずらく、スマホの販売員からみても実態です。総務省から頻繁に指導が入ることでも有名です。

 

しかし、格安携帯をうまく利用すれば年間で数十万円(複数台の場合)の節約も可能です。

今回の比較は、業界にいたからこそわかる回線の性能と、契約期間設定など相対的に見たランキングです。

 

格安スマホ申し込みの80%はインターネットからの申し込みです。実店舗がまだ少なく、ネットの申し込みのページわかりやすいのが理由でしょう。

総務省電子通信市場の分析(中間報告)より引用

数ある格安携帯の中でも初期からサービスを開始したワイモバイルが元業界人から見ても一番おすすめです。

10分かけ放題もそうですが、ソフトバンクのインターネット回線とのセット割や、都心部での高速通信は他社の追従を許しません。

 

格安スマホで、どの会社を選べば良いのか迷っている場合はワイモバイルできまりです。

元業界人が総合的に回線性能やサービスを比較ランキングにしました。

たくさんの種類の中から、携帯会社を選ぶ際のコツがあります。それは

通話メインか否か?

ゲームや動画でデータをよく使うか?否か?

だけです。

 

イチオシの格安携帯はワイモバイルです。これは料金とサービスのバランスが非常に良いことが理由でデータ容量も適時選べますし、10分間の通話は魅力です。

では比較をしてみましたので、ご覧ください。

 

1位 ワイモバイル

 

ワイモバイルのエントリーページはこちら

三大キャリアのソフトバンクグループが運営するワイモバイル。
国内通話10分何度でも無料、ユーザ人気投票数などから今回ランキング1位に。

月額料金は1480円〜。当サイトでもイチオシの回線です。

エリアはソフトバンク回線を使用。
24ヶ月契約で自動更新。

ソフトバンクインターネットと割引あり。

i phoneも買える。

ワイモバイルのエントリーページはこちら

2位 UQモバイル

 

UQモバイルのエントリーページはこちら

3姉妹のCMでお馴染みのUQモバイル。
回線性能と人気投票・利用者数で今回2位に。

月額は1980円〜 お得な家族割もある。

KDDIが運営していて、エリアはauと同じ。
端末もそのままauの機種で使える。

国内通話は5分まで回数無制限で通話料は無料。
web申し込み限定キャンペーンで初期費用は無料。
2018/4月の時点

契約期間は24ヶ月。

UQモバイルのエントリーページはこちら

3位 LINEモバイル

 

LINEモバイルのエントリーページはこちら

アプリでもお馴染みのLINEモバイル。
特定のアプリはデータ量を消費しないなど独自のサービスがある。

ドコモ回線を使用。
月額料金は1690円〜でLINEモバイル株式会社が運用。

公式ページ内に料金シュミレータが搭載されているので便利です。

オプションで10分間国内通話無料も選べる。

最低利用期間は12ヶ月で以内は解約料がかかる。
ユーザー数ランキング3位にランクイン。

LINEモバイルのエントリーページはこちら

4位 LIBMO

 

LIBMOのエントリーページはこちら

TOKAIコミュニケーションが運営するLIBMO
まだあまり知られていないが、利用者は多く4位に。

最大の魅力は月額720円という月額料金(一年間)

ドコモの回線を使用している。
選べる機種が豊富でユーザーには嬉しい。
10分かけ放題もプランから選べる。

最低利用期間が一年で、以内は期間内解約料がかかる。

とにかく通信料を安くしたい方におすすめ。

LIBMOのエントリーページはこちら

5位 スマモバ

 

スマモバのエントリーページはこちら

スマートモバイルコミュニケーションが運営するスマモバ。

回線はドコモ(一部別回線)回線を使用している。
月額料金は1080円〜

勿論、SIMだけの契約も可能。

i phoneも購入できる。

最近利用者が増えてきている回線で、改良されたプラン発表もあるかもしれない。
最低利用期間は24ヶ月で、以内は期間内解約料がかかる。

スマモバのエントリーページはこちら

まとめ

この記事には、ワイモバイルが料金とデータ量・Yahoo!のサービスが受けれることなどの理由から、イチオシの格安スマホだという内容でした。

通信業界の移り変わりは早いので今後さらに良い回線が出てくる可能性は大きいです。

 

実店舗の少なさから、インターネットでの申し込みは80%です。(上記図参照)

回線はドコモ回線やau・ソフトバンク回線などから選べます。現在自宅の電波が良い回線を選べば感度は高いでしょう。

 

通常、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)携帯の2年間の契約でその更新月は2ヶ月です。その間にMNP(乗り換え)のアクションをしないと自動更新の場合、違約金が再度発生してしまいます。

更新月より前に、どこの格安携帯を選ぶかを決めておくのがおすすめです。

 

 

セットでお得!おすすめインターネット回線

申し込むと特典がもらえます。

おトクなキャンペーンを実施しているサイトを

ご紹介。

auひかり

 

auひかりの詳細はこちら

auのケータイとセット割り適応の「スマートバリュー」など

auひかりでしかないサービスが沢山。

もちろん、auユーザーでなくともおトクに使える!

このサイトはWEB経由NO.1の加入者数。

理由は、追従を許さない高額キャッシュバックです。

auひかりの詳細はこちら

docomoひかり

 

docomoひかりの詳細はこちら

スマホがdocomo(ドコモ」)ならdocomoひかりがおすすめです。

フレッツ回線を使っているのでエリアが広い!
フレッツから契約変更する(転用)だけで、スマホが安くなる

シェパックと合わせて、通信費がお得に。

安定のdocomoはひかりもおすすめです。

docomoひかりの詳細はこちら

ソフトバンクひかり

 

ソフトバンクひかりの詳細はこちら

ソフトバンクひかりはフレッツ回線を使っていて高速!
スマホがソフトバンクだと「おうち割」でグーンと安くなる。

このサイトのおすすめポイントは高額キャッシュバック

・新規でこのサイトから申し込み¥25000
・フレッツからの引っ越し(転用)¥11000

限定キャンペーンです。
ソフトバンクのかたは迷わずソフトバンクひかりがおすすめ。

ソフトバンクひかりの詳細はこちら

コミュファひかり

 

コミュファひかりの詳細はこちら

MVNOや格安Simに切り替え済みの方

コミュファひかりもおすすめです。

So-netプロバイダーでauスマートバリューも対象です。

このコミュファひかりはキャッシュバック異常なくらい高いです。

最大で¥115000もらえます。
さらに!最大¥73000割引中です!

当サイトおすすめ回線です。

コミュファひかりの詳細はこちら

フレッツ光

 

フレッツ光の詳細はこちら

高速回線はフレッツ光。
西日本・東日本に対応している最大の回線。

速度は1Gbpsで動画もサクサクです。

このサイト経由で申し込むと、キャッシュバック以外
にも豪華景品がもらえる!

液晶テレビ(シャープ・アクオス)、新品PC、Xbox360、Wii、PS3、

iPod、3DS、プリンタ、無線LANルータ


などから選べます。

フレッツ光の詳細はこちら